スタッフ紹介  
監督 : 加藤治代
撮影 : 加藤治代/加藤直美/栗田昌徳/中嶋憲夫
整音 : 菊池信之/早川一馬/久世圭子
編曲 : 須賀太郎  出演:加藤直美/小林ふく  他
協力 : 映画美学校/佐藤真/山口博之
配給 : 「チーズとうじ虫」上映委員会
宣伝 : スリーピン
(2005年/日本/98分/DV)




                   
  監督のコメント  
加藤治代
激しい嘔吐、身体に出来た沢山のあざ、救急車、チューブから流れ出る緑色の胃液、肺が半分潰れた為に鳴る壊れたオカリナみたいな呼吸、口の中に生えた苔みたいな不思議な生き物、亡くなった直後の笑顔、亡骸をはこぶ病院の長い廊下、頭蓋骨の水色のしみ・・・。どれも生まれて初めて見るとても奇妙な光景でした。私はこの不思議で重い時間にカメラを持つ事なんて思いもつかなかった。
私は母が本当に苦しんでいる時、悲しんでいる時、そして死んで行く時、何一つ撮ることができませんでした。


母が病気になってから3年目に私はカメラを買いました。彼女が治る事を無邪気に信じていた私は、テレビや映画によくある"奇跡"を記録する事を夢見ていたのです。そして私は気まぐれに撮影を始めました。退屈しのぎに、あるいは遊びの道具として、それはよくある家族のよくあるホームビデオに他なりません。母が体調を維持する生活はとても平凡で苦痛を感じる程同じ事の繰り返しであり、私は奇跡という事件が起きる事を願いつつ、だらだらと撮影し続けました。でも一旦母の病状が悪化し、苦しんだり悲しんだりする段になると根性と無縁の私ですから、側にいて必死で見続ける事が精一杯で、カメラを持つ事など全くできませんでした。


母の死後、私は初めてある覚悟をもってカメラをまわしはじめました。なぜなら残された者は赤ちゃんの様に泣きながら、それでも前に這って行かなくてはいけません。そしてもしこの苦痛と重苦しい喪失感の中に、何か大切で優しい大きな意図を見つける事が出来なければ、どうしても私には母の死が納得できなかったのです。
私が撮る事が出来なかった沢山の悲しい出来事はある意味、私にとって撮る必要が無かったことかもしれません。なぜって私は今でも痛みを持ってその事をきちんと思い出す事ができるのですから。
それよりも、映像に記録していなければ記憶にさえ残らない様な、あの平凡で単調でそれでいて辛い母との時間が、ビデオを通して甘美で優しい普通の幸せに変わっていった事が、今は愛おしく感じられてならないのです。


・・・・・・・・・・・


監督プロフィール
  加藤治代 Kato Haruyo
  1966年生まれ。群馬県太田市在住。
  多摩美術大学美術学部芸術学科卒業後、スチールカメラマンのアシスタントを経験。
  劇団黒テントに2年間在籍後、母親の発病で帰郷。
 お問い合わせ 
 
2005年山形国際ドキュメンタリー映画際・小川伸介賞・国際映画批評家連盟賞 受賞     
2005年ナント三大陸映画祭ドキュメンタリー部門最高賞(金の気球賞) 受賞
     
©2006チーズとうじ虫 上映委員会  All Rights Reserved.