解説  
母親の看病のため群馬に帰省した加藤治代は、母親の病気が治ることを信じ、発病から3年「退屈しのぎに、あるいは遊びの道具として」カメラを廻しはじめた。限られた命を精一杯生きる母と、高齢の祖母との、3人の何気ない日々の交歓がカメラに収められていく。カメラは、母親の気丈な姿と笑顔を追い、それが闘病生活であることをまったく感じさせない。


元気な母親の姿に奇跡を信じた加藤は、『阿賀に生きる』『花子』を監督した佐藤真が講師を務める映画美学校のドキュメンタリーコースに通い始める。

しかし、癌は確実に母親の身体を蝕んでいく。苦痛を伴うときには、カメラを置き、介抱する。こうして、闘病生活ではなく、何気ない日常だけがカメラに収められた。


そして、最期の時を迎える。死を理解できない子供たち、背中を丸め、庭を眺める祖母。どこにでもある葬儀の風景からは、これが加藤家の特別な話ではないことを改めて感じさせる。身内の死は、誰にでも起こり得るごく身近な出来事なのだ。


母親の死後、映像作家としてではなく、病気の母親を持つ一人の娘として撮影された映像が残された。加藤は、撮れなかったことの空白感から、思い出を辿る祖母と自身の心情を記録し続ける。編集された映像は、映画美学校のスカラシップ作品に選出、予算を得て、初めてプロの手が加えられた。菊池信之の整音である。

風が吹き、コスモスが揺れる。その繊細な音は、観る者にその場にいるかのような臨場感を与える。この菊池信之の手を経て、『チーズとうじ虫』が映画として完成するに至る。



本作が、世間に知れ渡ったのは、小川紳介賞と批評家連盟賞をダブル受賞した2005年山形国際ドキュメンタリー映画祭である。小川紳介賞は同映画祭のアジア千波万波部門のグランプリに当たる。コンペティションとは別に設けられたアジアの若手新鋭作家によるコンペ部門であり、日本の映像作家としては初めての受賞である。同映画祭は、この作品を「映画祭の収穫」であると評した。


その後、フランス・ナント三大陸映画祭ドキュメンタリー部門グランプリをはじめ、2006年度も各国の映画祭から招待が続く。映画祭で目にした海外の配給会社からも声が掛かり始めた。これらの評価は、一見、あまりに日本的、かつ個人的な映像でありながら、様々な垣根を超えて、共感できる普遍的な作品であることが証明された。
 お問い合わせ 
 
2005年山形国際ドキュメンタリー映画際・小川伸介賞・国際映画批評家連盟賞 受賞     
2005年ナント三大陸映画祭ドキュメンタリー部門最高賞(金の気球賞) 受賞
     
©2006チーズとうじ虫 上映委員会  All Rights Reserved.